ハースF1代表 「シューマッハはオーバーテイクのコツを学ぶ必要がある」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハは、2021年にそのチャンスがなかったF1のオーバーテイクのコツを学ばなければならないと認める。

昨年、ハースF1チームはシーズンを通してバックマーカーであり、他のフィールドに大きく後れを取っていた。そのため、ルーキーシーズンのミック・シューマッハは、チームメイトのニキータ・マゼピンとのバトルしか経験できなかったと言っても過言ではない。

しかし、2021年を捨てて2022年F1マシンの開発に完全に集中するというチームの仕事を報われ、ハースF1チームは今やミッドフィールドで快適に戦い、定期的にポイントを獲得するチャンスを得ている。

ミック・シューマッハは、エミリア・ロマーニャGPのスプリントで彼のメンターであるセバスチャン・ベッテルとのバトルを楽しみ、4回のF1ワールドチャンピオンをオーバーテイクして、F1キャリアでのグリッドとなる10番グリッドを手に入れた。

ミック・シューマッハはそれをポイントフィニッシュに変えることはできなかったが、ギュンター・シュタイナーは、あらゆるレベルでより良くなるために何時間もの仕事に取り組んでいると語る。

「彼はフロントで走ることを学ぶ必要がある。ミッドフィールドではよりタイトだ」とギュンター・シュタイナーは Die Weltに語った。

「私は彼に、上に行くほど空気は薄くなると言っている」

「彼にとって、オーバーテイクを仕掛けられる車を使用するのは新しいことだ。昨シーズン、我々は遅れをとったおり、彼は滅多にそれをすることができなかった」

「彼は良くなりたいと思っているので、彼は多くの時間を費やしている」

ミック・シューマッハは今年まだポイントを獲得していないが、チームメイトのケビンマグヌッセンは、イモラでのスプリントを含める、シーズンの最初の5レースのうち4レースでトップ10フィニッシュを獲得している。

ミック・シューマッハは、週末のレースでまだケビン・マグヌッセンに匹敵していませんが、ギュンター・シュタイナーは 、マグヌッセンが経験の浅い同僚の教師の役割を果たしていおり、それはチームの前進に役立っていると語る。

「ミックにとって、ケビンのような非常に公平ですべての情報を提供してくれる人がいるのは良いポジションだ」とギュンター・シュタイナーは語った。

「自分でたくさん学ぶことができるが、先生がいればそれはもっと早くなる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ