ハースF1のウラルカリへの返金拒否&損害賠償請求をロシア勢が非難
ハースF1チームは、契約を解除したタイトルスポンサーのウラルカリに1300万ドル(約16億3700万円)のスポンサー料を返金することを拒否し、逆に契約不履行だとして“利益の損失”に対して860万ドル(約10億円)の損害賠償を請求していることをロシア勢は非難した。

「彼らはプレッシャーにさらされていたし、ニキータとの契約を破らないことは不可能だったと理解している」とMatch TVでF1解説者を務めるアレクセイ・ポポフは語った。

「しかし、彼らは1年間協力した後、昨年はウラルカリのお金で生き残り、今年は良い車を作った」

「したがって、彼らがこのようなこととは異なる振る舞いをすることが可能だったはずだ」

実際、アレクセイ・ポポフは、ハースF1チームに関する最新の報道に「完全にショックを受けている」と述べた。

「マゼピンが新しいシャーシを懇願し、それを構築するためにスポンサー契約よりも多くを支払ったことを忘れないでほしい」とアレクセイ・ポポフは語った。

「ハースの従業員が給料が低すぎたために去ったという話を聞いたことがある。ドミトリー・マゼピンは彼らに個人的に支払いをして留意していた」

「そして、今、それは「私たちはお金を取っており、それを返還する気はない」だけでなく、「おたくのドライバーがもう車にいない場合でも、おたくは私たちに追加料金を支払う必要がある』となっている」とアレクセイ・ポポフは付け加えた。

ロシアとウラジーミル・プーチンに対する制裁で個人的に指名されたニキータ・マゼピンも、財政紛争をめぐってハースを攻撃した。

「大きな問題は、このスポーツでは、チームがスポンサー資金を返還しないことが許可されており、契約条項に違反し、さらに支払うことを要求することさえあることだ」とニキータ・マゼピンは言った。

「同時に、彼らはロシアからのお金を望んでいないと言い続けている」

元ロシア人F1ドライバーのマネージャーを務めたオクサナ・コサチェンコは、ハースF1チームのポジションは「不正直」だと語る。

「ウラルカリのためにかなり本格的な弁護士チームがこのプロセスを修正するために働くと確信している」とオクサナ・コサチェンコはSport-Expresに語った。

最後に、23歳のニキータ・マゼピンは、自分がウラジーミル・プーチン大領領の「内輪」にいるという考えに反撃した。

「今は誰もが内輪に仕立て上げられていると思う」とニキター・マゼピンはにっこり笑った。

「すべてのビジネスマン、すべてのアスリート、すべてのアーティストが、日常的にクレムリンで一緒にいるように見えるけど、もちろん、そんなことはない」

ニキータ・マゼピンは、F1復帰をまだ諦めてはいないと語る。

「とにかく辛抱強く、物事が落ち着くのを待つ必要がある」とニキータ・マゼピンは語った。

「もちろん、僕の意見では、ハースF1チームは最高の行動をとらなかったので、誰と一緒に戻るべきかは分からないけどね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース