ハースF1、マラネロで開発の2022年F1マシンの進捗状況に手応え
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、マラネロの新施設を訪問し、2022年F1マシンの進捗状況を確認。“いい感じ”だと自信をみせた。

ハースF1は、米国と英国に拠点を置いているが、F1マシンのデザインの多くをイタリアのダラーラに外注していた。しかし、今季からフェラーリとの提携を強化し、マラネロの敷地内にハースF1専用の建物が用意され、そこで2022年F1マシンの設計が行われている。

ドイツの放送局 n-tv によると、ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、バクーの後にフェラーリのイタリア本部を訪れ、風洞で2022年のハースのF1マシンを検査したという。

「我々はフルスロットルでマシンを開発している。なぜなら、これが我々の未来だからだ」とギュンター・シュタイナーは語った。

「現時点ではすべてが正しい方向に進んでいる」

ハースF1チームは、今シーズンが始まる前から、2021年F1マシンをまったく開発しないと決めている。

「我々はようやくこのポイントのチャンスがない状況から抜け出せると感じている」とギュンター・シュタイナーは付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース