ハースF1チーム 「エンジン価格の値下げが必要になる可能性がある」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、新型コロナウイルス危機を受け、メーカーはF1エンジンを販売する価格を値下げする必要があるかもしれないと語る。

2020年のF1世界選手権は、史上最多の22戦が計画されていたが、新型コロナウイルスの世界的な大流行によって、今のところまだ1戦も開催することができていない。

ハースF1チームは、フェラーリからF1エンジンの供給を受けているが、ギュンター・シュタイナーは「現在、エンジンのリースをどのように進めるべきかが交渉の主題となっている」と Speed Week に語った。

「特定のカレンダーが組まれるまで、我々は再交渉することはできません。カスタマーの我々、もしくはサプライヤーととっても、それはとにかく時期尚早だ」

「しかし、明らかなことが1つある。グランプリが10戦しかない場合、完全な条件でのエンジンは必要ではない。レースの半分または3分の1しかできない場合、全額を支払わないことは明らかだ」

「エンジンメーカーとカスタマーは同じ立場にいる。健全な妥協点を見つける必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース