ハースF1チーム 「チーム存続のために懸命に取り組んでいる」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、新型コロナウイルスのパンデミックのなかでチームが崩壊するのを防ぐために懸命に働いていると語る。

ギュンター・シュタイナーは、アメリカ・ノースカロライナ州に住んでおり、アメリカの小規模チームであるハースF1チームを率いて活動している。シュタイナーは、アメリカの州は部分的に閉鎖されているが、地元住民は他の地域よりも“落ち着いている”と語る。

「人々は未来を尊重しているが、まだ恐れてはいない」とギュンター・シュタイナーは f1-insider.com に語った。「スーパーマーケットの棚は今のところ満杯だ」

だが、実際にはデータ上で大都市以外では新型コロナウイルスが穏やかな影響を及ぼしていることを示し始めている。

ギュンター・シュタイナーは「それでもどうにかして生活を続いていかなければならない。個人の自由は米国で最大の資産である」と語った。

ただし、ハースF1チームへの影響は甚大だ。参戦するレースがなければ、特に小規模なチームが崩壊する可能性があるという恐れをすでに表明している人もいる。

「現時点では、日々の危機管理が必要だ。しかし、明日を忘れてはいけない。今のところ誰もそれがいつかはわからない」とギュンター・シュタイナーは語る。

「今、会社をクラッシュさせてはならない」

「グリーンライトが再び点灯したとき、我々はファンに何かを提供する準備ができている必要がある。私の希望は、それが7月に再開することだ」

ギュンター・シュタイナーは、家族とより多くの時間を費やしているが、彼のホームオフィスでのF1の事項に非常に忙しく取り組んでいると語る。

「特に財政面で会社を維持する必要がある」

現時点でチームを適切に運営することができているかと質問されたギュンター・シュタイナーは「完全にはそうではない。次は何が起こるか誰も知らないからだ」と Auto Motor und Sport にコメント。

「今年の終わりまでにできるだけ多くのレースを行うことができるように、このウイルスが制御下なれば、我々は最高の製品を組み立てる準備ができている」とギュンター・シュタイナーは語る。

「我々はまた、財政面に対処できることを確認する必要がある。今年はレースに参加していないため、受け取る金額が少なくなるので、すべてのチームが来年もそこにいることを確認する必要がある」

「我々全員が協力すれば、10のチームが協力すれば、この状況からさらにうまくいくかもしれない。スポーツにとっても、すべての従業員にとってもね」

議論されている選択肢の1つは、2021年の1億7,500万ドルの予算上限の引き下げであるとギュンター・シュタイナーは認める。

「そうだ。我々には変わらない状況があるので、現実的に対処する必要がある。全員の最初の目標は、来年の10チームすべてがメルボルンにいることだと思う」

「世界選手権がまったくなければ、 多くのチームが生き残るのは難しい」

もう1つの対策は、週末のフォーマットの変更であり、2日間のイベントや、週末に2レースの可能性もある。

「あらゆる取り組みが進行している。非常に多くの未解決の問題がある」とギュンター・シュタイナーは語る。

「我々がうまくいかないことをした場合、少なくとも将来はそれをしないことをわかっている。今、我々は生き残るために特定のことをしなければならない」

ハースF1チームのオーナーであるジーン・ハースは、2020年がチームの最後のF1になる可能性があることを示唆している。ギュンター・シュタイナーは、ボスは現在すべての手形とスタッフへの給料を支払いをしていると語る。

「我々は、人々が家にいる時間を介して乗り越えられることを目指す必要がある。それらのすべてが支払わている。ジーンはそれを保証している。なので、我々は短期的には消えることはない」

「その後、どのように展開するか、彼がなにをやりたいかを確認する必要がある。レースがないときは簡単ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース