ハースF1チーム 「2020年が最後のシーズンになる可能性がある」
ハースF1チームのオーナーであるジーン・ハースは、2020年が彼のチームのF1での最後のシーズンになる可能性があると認めた。

今年、F1参戦5年目を迎えるハースF1チームだが、F1オーストラリアGPの中止に先立ち、オーナーのジーン・ハースは、新しいコンコルド協定にサインするかどうか未定だと述べた。

「シーズンのスタートから状況がどのように発展するかを見守っていくつもりだ」とジーン・ハースはDPA通信社に語った。

「また悪いシーズンになった場合、とどまることはそれほど有益ではないだろう」

ジーン・ハースは、最初の5年間の後に常に評価する予定だったと明かす。

「評価しなければならない。これを5年間繰り返すことは大きなコミットメントだ」

ジーン・ハースは、2019年のチームのパフォーマンスの低下は“リアルな教育プロセス”だったと述べた。

「我々はそれから学んだと確信している」とジーン・ハースは付け加えた。

ジーン・ハースは、現在のF1の収入分配モデルは、小規模チームにとって非常に難しいと語る。

「資金の70パーセントは上位3チーム、30パーセントが残りの7チームに分配される。これは良い経済モデルではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース