ハースF1チームのオーナー、F1参戦継続について“疑念”
ハースF1チームのオーナーであるジーン・ハースは、今後もF1を継続していくことについて“疑念”を抱いている。

F1チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1アメリカGPの週末にジーン・ハースと2019年シーズンについて話し合う必要があったとし、オーナーがF1活動について再考する可能性があることを認めている。

「彼が抱えている最大の問題は我々のパフォーマンスだ」とギュンター・シュタイナーは RACER に語った。

「お金を稼ぐことができないなら、F1の状況に誰が感銘を受けるだろう? 大きな投資だ」

2021年のF1レギュレーションが公表された今、10チームは新しいコンコルド協定にサインすることを考えなければなrなあい状況にある。

ジーン・ハースの審議について質問されたギュンター・シュタイナーは「彼は全ての優れたビジネスマンと同じだ。彼は何をするべきか再考しなければならない。だが、彼はそれについて否定的ではない」とコメント。

「彼が疑念を抱いているのは確かだ。他の人と同じようにね。それは新しいことであるが、通常のビジネスだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース