F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、今季限りでF1から撤退するとの推測を否定した。

昨年はコンストラクターズ選手権5位を獲得したハースF1チームだが、今季は特にピレリのF1タイヤに苦戦を強いられており、現時点でコンストラクターズ選手権9位に低迷している。

さらにF1イギリスGPの週末にはタイトルスポンサーを務めるリッチエナジーに問題が勃発。TwitterでハースF1チームへのスポンサー打ち切りを発表したウィリアム・ストーリーが会社から追放され、社名をライトニングボルトへと変更するなど混乱が続いている。

ギュンター・シュタイナーは「リッチエナジーを引き継ぐ人たちは我々と続けることを望んでいる」と Ekstra Bladet にコメント。

「我々はその件について数週間のうちに話をすることになる。彼らは今後どうしていくかについてついて合意する必要がある」

だが、今季の不振やタイトルスポンサー問題によって、チームオーナーであるジーン・ハースは、F1チームの運営に嫌気がさしており、撤退を決断する可能性もあると噂されいている。

F1撤退の噂についてギュンター・シュタイナーは「ジーンは長くレースに携わっている。彼だって物事が常に良い方向へ進むわけではことはを分かっている」

「彼が現況に満足していると言いたいわけではない。彼にはそんなことは無理だ。だが、そのことで彼を責めるわけにはいかない」

「しかし、我々が返り咲きさえすれば何も問題はないことを彼はわかっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース