F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、2月7日(木)に開催する2019年F1マシンのカラーリング発表をインターネットでライブストリーミング中継することを明らかにした。

ハースF1チームは、2019年のF1世界選手権から英国のエナジードリンク企業であるリッチエナジーと複数年のタイトルスポンサー契約を締結。2019年からチームは「リッチエナジー・ハースF1チーム(Rich Energy Haas F1 Team)」の名称で参戦する。

ハースF1チームは、2月7日(木)の現地時間11時(日本時間20時)にロンドンで2019年F1マシンに採用するカラーリングの発表会を開催。その模様をインターネットでライブ配信することを発表した。

発表会には、ハースF1チームのドライバーを務めるロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセン、チームプリンシパルのギュンター・シュタイナー、そして、リッチエナジーの最高経営責任者(CEO)のウィリアム・ストーリーが参加する。


ハースF1チームは、2016年にF1に参入して以来、伝統的なグレーを基調としたカラースキームを使用してきたが、2019年から変更することを示唆しており、リッチエナジーの缶にも採用されているゴールド&ブラックに変更される考えられている。

すでに発表会を前日に控えた6日(水)にはリッチエナジー・ハースF1チームとしての新たなチームウエアを公開。レースドライバーのロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセン、そして、テストドライバーのピエトロ・フィッチパルディが新チームウエアを着用している画像では、ブラックのシャツの右胸にゴールドでRich Energy Haas F1 Teamのロゴが入れられている。

リッチエナジー・ハースF1チーム関連:ハースF1チーム、2019年F1マシン『VF-19』のカラーリングを披露

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース