F1 ハースF1チーム フェラーリ 2018年のF1世界選手権
ハースF1チームのオーナーであるジーン・ハースは、2018年のF1世界選手権の目標として“フェラーリから0.5秒差”以内につけることを課題としてきたと語る。

ハースF1チームはフェラーリと密接な技術パートナーシップを築いており、フェラーリ製のパワーユニット、ギアボックスだけでなく、他のコンポーネントの供給も受けている。

参戦初年度となった2016年はコンストラクターズ選手権8位で終え、昨年もその競争力を維持。しかし、ジーン・ハースはエキップメントを共有するフェラーリにもっと近づけるはずだと語る。

「全員が良くなってくると思う。我々は自分たちの弱点を特定しているし、ギュンター(シュタイナー:チームプリンシパル)と私はメキシコシティでどの方向性に進むべきか、どのように改善できるかについて腹を割って良い話し合いをした」

「我々がフェラーリの多くのエキップメントを使用していることは秘密ではないし、それらをベースラインとして使用している。競争的であるためにはフェラーリの0.5秒位以内にいる必要がある。昨年はその位置にはいなかった。フェラーリよりも1.5秒遅れていたと言ってもいいだろう」

「全体的に我々は予選ポールポジションから2秒遅れているかもしれない。なので、競争的になりたければ、1秒を削る必要がある」

2018年に何を達成したいと思っているかと質問されたジーン・ハースは、コンストラクターズ選手権の順位について目標を定めることは避けたが、パフォーマンス改善の鍵を握る1つの特定のエリアを強調した。

「我々を抑止している技術的な問題を解決したいと思っている。タイヤが最も厳しい問題だ。特定の温度範囲にタイヤをキープしなければならないが、その温度範囲でタイヤをキープする方法は、ダウンフォースやドラックをどのように扱うか、タイヤのスライディングにどのように対応するかになってくる」

「タイヤはダウンフォース、加熱、スライディングにとても敏感だが、タイヤを機能させるには正しいシャシー、正しいエアロを手に入れなければならない。その全てが正しく機能しなければ、ドライバーにとって非常に難しいクルマになるし、コース上にとどまる力のないマシンになってしまう」




このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース