ハースF1チーム ケビン・マグヌッセン
ハースF1チームのギュンサー・シュタイナーは、防御時のドライビングが非難の的となっているケビン・マグヌッセンを擁護。最終的には“悪童”の汚名を返上することになると考えている。

ケビン・マグヌッセンは、防戦時に相手のスペースを消す動きをすることが頻繁にあり、最近はあまり評判が良くない。

F1ハンガリーGPでは、マグヌッセンにコース外に押し出されたルノーのニコ・ヒュルケンベルグが無線で“ふざけんな”と怒りを露わにし、レース後に“F1で“最もスポーツマンらしくないドライバー”だと評していた。

前戦マレーシアGPで同じようにケビン・マグヌッセンに幅寄せされたマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは“あいつは馬鹿野郎だ”と無線で語り、“ニコ・ヒュルケンベルグは正しかった”と述べていた。

「彼のドライビングに関して、他のドライバーもだいたい同じ意見だと思う。19対1だ」

しかし、ハースのギュンサー・シュタイナーは、ファンが見たがっているのは激しいホイール・トゥ・ホイールのバトルだとして、ケビン・マグヌッセンのドライビングを擁護した。

「アロンソは非常にカリスマ性のある熟練のドライバーだ」とギュンサー・シュタイナーは Ekstra Bladet にコメント。

「そして、誰かが彼に対決を挑んでくれば、あのような反応をする」

「彼ら二人とも限界までプッシュしていたし、それは人々が見たがっているものだと思う」

ギュンサー・シュタイナーは、ケビン・マグヌッセンがコース上で激しい走りを見せるのは当然のことであり、ゆくゆくは悪童の汚名も返上することになるだろうと語った。

「厳しい期間を経て、尊敬を勝ち取っていくものだ」とギュンサー・シュタイナーはコメント。

「常に道を譲っているようでは、楽勝なやつだと思われてしまう。なので、度が過ぎない限りはバトルをしていい」

「たとえ今はあまり評判がよくないとしても、そのうちそれも変わるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ケビン・マグヌッセン