ハース F1 2018年
ハースF1チームは、すでに2018年F1マシンの開発に焦点を移行しはじめている。

F1参戦2年目のハースは、第10戦を終えて、トロ・ロッソに4ポイント差をつけられて7位に位置している。後ろには3ポイント差でルノーが追いかけている。

F1イギリスGPでは、ケビン・マグヌッセンが12位、ロマン・グロージャンが13位とノーポイントに終わった。

ハースのチーム代表ギュンター・シュタイナーは「平均的な週末だった」と認める。

「我々はポイント圏内に入れなかった。だが、ケビンのレースペースは良かった。我々はスタートでいくつか順位を失い、それが我々がフィニッシュする場所になった」

「それでも、我々には全ての我々のライバルと同程度のレースペースがあった。とにかく、我々は悪いスポットにいた。私はまだ我々のクルマに自信を持っている。我々はミッドフィールドで戦うことができる」

「今回、我々はそのグループの下位だった。それは毎週変わっている。望んでいることではないが、それでも、我々は2台揃って完走した。我々はハンガリーへ向かう」

ギュンター・シュタイナーは、ハースはシルバーストーンで主にロマン・グロージャンのパフォーマンスに影響を及ぼしている慢性的なブレーキ問題において前進を果たしたと語る。

「両方のドライバーがブレーキーに関しては問題なかった。だが、このトラックは最終的なソリューションの第一歩に過ぎない」

また、ギュンター・シュタイナーは、2018年F1マシンは計画段階ではあるが、今後は来シーズンのためにより多くのリソースを配分していくことを明かした。

「現在、我々の完全な焦点は2018年に向いている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハース