周冠宇、2023年もアルファロメオF1チーム残留が濃厚
アルファロメオF1は、初の中国人F1ドライバーである周冠宇を2023年も継続する準備ができているようだ。

以前、アルファロメオF1は、2023年にチームのお気に入りのジュニアドライバーである18歳のテオ・プルシェールをバルテリ・ボッタスのチームメイトに昇格させる可能性が高いと考えられていた。

しかし、Auto Motor und Sport(ドイツ)とBlick(スイス)の両方が、周冠宇はチーム代表であるフレデリック・ヴァスールに契約延長に値することを納得させるのに十分な仕事をしたと伝えている。

「通常、ルーキーの場合、常に1~2回のクラッシュを考慮する必要がある」とアルファロメオF1のチームマネージャーであるビート・ゼンダーはシルバーストンで語った。

「しかし、周は事実上ミスを犯していない。経験から、ある時点でクラッシュが発生することはあるだろうが、それは学習プロセスの一部でもる」

ビート・ゼンダーは、アルファロメオF1が、1シーズン後に周冠宇を追放することはないと述べた。

「彼は間違いなく我々のチームでこれまでに経験した中で最高のルーキーの一人だ」とビート・ゼンダーは語った。

周冠宇 アルファロメオ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 周冠宇 / アルファロメオF1