ロマン・グロージャン、インディカー転向を視野「興味を持っている」 / ハースF1
ロマン・グロージャンは、2021年にF1からインディカーの転向を除外していないと認めた。

以前、ロマン・グロージャンは、インディカー・シリーズのオーバル・サーキットは安全上のリスクが高いので興味はないと語っていたが、2020年シーズン限りでハースF1を去ることが決まった今、インディカーは“確かなオプション”であると認めた。

来月のF1アブダビGPを最後にチームメイトのケビン・マグヌッセンとともにチームを去るロマン・グロージャンは「アメリカにはいくつか顔がきくんだ」とロマン・グロージャンは Formule 1 にコメント。

ロマン・グロージャンは、インディカーのカレンダーにオーバルのサーキットが4つしかないことを見落としていたと語る。

「残念ながら、以前はちゃんとカレンダーを確認していなかった。でも、今は間違いなく検討している」とロマン・グロージャンは説明した。

また、ロマン・グロージャンは、昨年フルタイムでインディカーに転向した元F1ドライバーのマーカス・エリクソンについて、インディカー転向の可能性について話し合ったと語った。

「彼はとても熱心だ」とロマン・グロージャンは明かした。

「F1とは違う。マシンは同じなのでドライバーが大きな役割を果たす。いくつかのチームがいいのは確かだけど、誰でもレースに勝つことができる。僕はまた勝ちたいし、インディカーには間違いなく興味を持っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / インディカー / ハース