ロマン・グロージャン 「クビサが加入してもFP1は譲りたくない」
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、チームが2020年にロバート・クビサを開発ドライバーとして雇ったとしてもFP1を譲りたくはないと語る。

今シーズン末でウィリアムズを離れることが決定しているロバート・クビサは、2020年の開発ドライバーの役割についてハースF1チームと交渉していることが報じられている。

ロバート・クビサは、シミュレーター作業だけでなく、コース上でもF1マシンを走らせることを望んでいるが、ロマン・グロージャンは、F1ドライバーは週末に走行時間を譲るべきではないと指摘する。

来シーズン、FP1セッションを譲る気はあるかと質問されたロマン・グロージャンは「ノー」とコメント。

「問題をどうやって解決すればいいかはわからない。クビサの契約については何も聞いていないけどね」とロマン・グロージャンはコメント。

「金曜日の午前中の走行を譲るのは決して理想的なことではない。どこで戦いたいのか、何がミッションなのかによって異なってくるけどね。フェラーリ、レッドブル、メルセデスが金曜日を譲っているのは見たことがない。彼らは勝つことを望んでいるからだ」

「すべてのセッションが重要だ。もしそうなるのであればそうするけど、パフォーマンス的には理想的ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / ハース