F1 ロマン・グロージャン ハースF1チーム
ハースF1チームのロマン・グロージャンは、今のF1レースはカートレースよりも身体的負担が小さいと語る。

メルセデスのルイス・ハミルトンは、以前のF1は“男のスポーツ”だったが、今ではそうではなくなってしまったとF1カナダGPの週末に語っていた。

「今はレースをやっても、その後にもう2~3レースすることができると思ってしまう。F1はそういうものであってはならない」とルイス・ハミルトンは語った。

ロマン・グロージャンもルイス・ハミルトンと同じ意見のようだ。

「最近、友人たちとゴーカートのレースをした。ギアシフトが付いた125ccのマシンでね。F1レースの後よりもはるかに疲れたよ」とロマン・グロージャンは Ekstra Bladet に語った。

「その理由は、ずっと攻め続けなければならないからだ。でも、F1では燃料やタイヤをセーブしながら走っている。バルセロナではマシンの能力の50%で走っているように気がしたよ」

「レースが予選のような感じだったら、最後には僕たちの首は完全に駄目になっていると思う。疲れきって集中力も失わっているだろう。でも、コンスタントに燃料やタイヤをセーブしながら走っているので、僕たちにとってはそれほど大変ではない」

ロマン・グロージャンは、そのような状況を変え、F1レースをもっと厳しいものにする方法のひとつとしてレース中の給油を復活させることを挙げた。

「レース中の給油が復活すれば、スタート時に100kgも燃料を積んで走る必要はなくなるし、30~40kgくらいでよくなる。そうすれば、少なくとも1周あたり2~3秒は速く走ることができるだろうし、もっと大変になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロマン・グロージャン