ロマン・グロージャン
ベルギーGPのオープニングラップでクラッシュによりリタイアしたドライバーは、ロマン・グロージャンのドライブを非難している。

レース後、スチュワードは、オープニングラップのクラッシュにペナルティは課さないことを決定したが、ロマン・グロージャンはジェンソン・バトンが「コースアウトさせた」と主張していた。

レ・コームでのクラッシュし、今シーズン初のノーポイントでレースを終えたジェンソン・バトンは、「彼が僕を非難していることが信じられないけど、どうでもいいことだ」と語る。

「それはあまり重要なことではない。僕はポイントを獲れなかった。それが重要だ」

しかし、バトンはグロージャンに「100パーセント責任がある」と語る。

「彼はブレーキやタイヤの温度を上げるのに十分な経験がないのかもしれないね」

「それは追い越しの動きでさえなかった。ただぶつかってきたんだ。誰にとっても本当にイライラすることだけど、大部分はチャンピオンシップを争っていない。僕だよ」

事故に巻き込まれたルイス・ハミルトンも「グロージャンがバトンをスピンさせた」ことで事故が引き起こされたと同意している。

そのハミルトンに接触したハイメ・アルグエルスアリも「あまりにアグレッシブ過ぎた」とグロージャンを非難している。

「あのようなドライブをしていれば、レースをフィニッシュすることはできないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロマン・グロージャン