ジョリオン・パーマー
ジョリオン・パーマーが、2014年のGP2のチャンピオンを獲得した。

ジョリオン・パーマー(DAMS)は、11日(土)にソチ・オートドロームで行われたGP2の第19戦のレース1で優勝。2位に66ポイント差をつけ、3レースを残してチャンピオンを決めた。

ジョリオン・パーマーは、GP2記録となる256ポイントを獲得。ここまでの19戦で11回の表彰台フィニッシュを成し遂げ、バーレーン、モナコ、モンツァ、ロシアで勝利を挙げた。

ジョリオン・パーマーは、ルイス・ハミルトン以来となるイギリス人のGP2チャンピオンとなった。

ジョリオン・パーマー
「素晴らしい気分だ。今週末チャンピンシップに勝つのは簡単ではなさそうだった。特に昨日はポールを逃していたからね。チームには感謝してもしきれない。彼らは一年を通して素晴らしい仕事をしてくれたし、僕たちはほぼミスなく、全てのフィーチャーレースの勝利とポールを戦っていた。チャンピオンになれて本当に嬉しい。今はプレッシャーから解放された。明日もレースがあるし、アブダビでもまたラウンドがある。これからは戦いを楽しむことができるだろうね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: GP2 | ジョリオン・パーマー