ティモ・グロックの2010年04月のF1情報を一覧表示します。

ハイドフェルドとグロック、DTMに出走する可能性があった

2010年4月22日
ティモ・グロック
ニック・ハイドフェルドとティモ・グロックが、火山噴火の影響で今週末のDTM開幕戦に出走する可能性があったという。

メルセデスからDTMに参戦するポール・ディ・レスタとゲイリー・パフェットは、アイスランドの火山噴火の影響でヨーロッパへフライトが混乱したことで、上海で足止めされたため、ホッケンハイムでのレースに間に合わないの可能性があった。

そこで中国GP後、最初にヨーロッパへ向けて飛び立ったニック・ハイドフェルドとティモ・グロックが、代役候補に挙げられた。

ティモ・グロック:F1中国GPプレビュー

2010年4月15日
ティモ・グロック
ティモ・グロックが、F1中国GPへ向けての意気込みを語った。

ティモ・グロック (ヴァージン)
「セパンでのレースが期待外れだったことは言うまでもない。始まる前にほぼ終わっていた。その時点まで物事はとても良さだったし、フリープラクティスと予選日の大部分で正常に進んでいたと思う。今週末の中国でも同じようなパターンが続くことを期待しているけど、レースデイの週末の終わりは違った結果になってほしいね」

ティモ・グロック:F1マレーシアGPプレビュー

2010年4月1日
ティモ・グロック
ヴァージン・レーシングのティモ・グロックが、F1マレーシアGPに向けての意気込みを語った。

ティモ・グロック
「天候がドライならセパンはは素晴らしいトラックだね。暑さと湿気はかなり厳しいし、通常は50度を超えるトラックとコックピットの状況に完全に順応するために2週間はかかる。70%くらいの湿気もさらなる要因になるので、コックピットはかなり不快な場所になるね」
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム