F1 ドイツGP
FIA(国際自動車連盟)は、2018年のF1世界選手権 第11戦 ドイツGPの決勝スターティンググリッドを発表した。

ペナルティを科せられるのはダニエル・リカルド(レッドブル・レーシング)とピエール・ガスリーの(トロロッソ・ホンダ))の二人。両ドライバーともパワーユニット交換によって15グリッド以上の降格ペナルティが科せられている。

現行レギュレーションでは、15グリッド以上のグリッド降格ペナルティを科せられたドライバーは最後尾からスタートすることになり、複数のドライバーが該当する場合は、ペナルティが発生した順にグリッドの最後に配置される。

金曜日からすでにパワーユニットを交換し、ペナルティを見越して予選Q2で走行を行わずにタイヤとマイレージをセーブして15番手で予選を終えていたダニエル・リカルドは19番グリッド、17番手で予選を終えた後に交換したピエール・ガスリーは最後尾20番グリッドからスタートする。

これにより、16番手だったエステバン・オコンは1つずつ、18番のブレンドン・ハートレー以下は2つグリッドが繰り上がる。

ポールポジションからスタートするのは地元ドイツのセバスチャン・ベッテル。フロントローにはメルセデスのバルテリ・ボッタスが並ぶ。2列目にはキミ・ライコネン(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3列目にはハースの2台、4列目にはルノーの2台が並ぶ。

予選Q1でマシントラブルによってセッションを続行できなかったルイス・ハミルトンは7列目14番グリッドからスタートする。

F1ドイツGP 決勝は7月22日(日)の22時10分(現地時間15時10分)から行われる。

2018年 第11戦 F1ドイツGP 決勝スターティンググリッド

GridNoドライバーチーム予選
15セバスチャン・ベッテルフェラーリ1(→)
277バルテリ・ボッタスメルセデス2(→)
36キミ・ライコネンフェラーリ3(→)
433マックス・フェルスタッペンレッドブル4(→)
520ケビン・マグヌッセンハース5(→)
68ロマン・グロージャンハース6(→)
727ニコ・ヒュルケンベルグルノー7(→)
855カルロス・サインツルノー8(→)
916シャルル・ルクレールザウバー9(→)
1011セルジオ・ペレスフォース・インディア10(→)
1114フェルナンド・アロンソマクラーレン11(→)
1235セルゲイ・シロトキンウィリアムズ12(→)
139マーカス・エリクソンザウバー13(→)
1444ルイス・ハミルトンメルセデス14(→)
1531エステバン・オコンフォース・インディア16(↑1)
1628ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ18(↑2)
1718ランス・ストロールウィリアムズ19(↑2)
182ストフェル・バンドーンマクラーレン20(↑2)
193ダニエル・リカルドレッドブル15(↓4)
2010ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ17(↓3)

F1ドイツGP:各ドライバーの持ちタイヤ数

F1ドイツGP:各ドライバーの持ちタイヤ数関連:2018年 F1ドイツGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドイツGP