ジョージ・ラッセル 「グラベルでのバウンドでヘッドレストが折れた」 / メルセデス F1ブラジルGP 予選
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、F1ブラジルGPの予選Q3にマシンがグラベルで跳ね返ったことが原因でヘッドレストが折れたことを明らかにした。ヘッドレストは、セッション中にドライバーがウォールに衝突した場合の重要な安全装置だ。

ジョージ・ラッセルは、徐々に悪化するコンディションの中、ターン 4 への入り口でロックアップし、グラベルへと滑り込んだ。抜け出すために濡れたターマックで車をスピンさせたが、彼のメルセデスW13をグラベルにはまって動けなくなった。

その後、セッションは赤旗中断となり、コースコンディションが改善されなかったため、ケビン・マグヌッセンが初ポールポジションを獲得した。

だが、ジョージ・ラッセルはQ3での1回目のアタックのタイムで、土曜日のスプリントで3番グリッドからスタートする。

「正直に言うと、本当にひどい頭痛に襲われていた」とジョージ・ラッセルは言いました。

「頭が激しく打ちつけられたことで、ヘッドレストが折れてしまった」

「かなり不愉快な経験でした。リアのコントロールを失ったので、起動して、360度ターンをやりたいと思った」

「その後、リアがグラベルにはまった。これまでで最も賢明な選択ではなかったかもしれなけど、結局のところ、最初のラップが重要なのはわかっていた」

「ラップが進むにつれて雨が激しく降ってきたので、とてもユニークな経験だった。最終コーナーに入った時は、前のラップよりもかなり濡れていたので、本当に一時的にならなければなりませんでした。」

ジョージ・ラッセルは、ハースF1チームがポールポジションを獲得したことを祝福した。

「このようなクレイジーな結果をもたらすのがF1であり、スポーツだ。僕たちにとって、P3 は明日のスプリントをスタートするのに良い位置だ」

バウンドの深刻さにもかかわらず、ジョージ・ラッセルは、メルセデスが土曜日のコース上でのアクションの前に損傷のためにパーツの交換を余儀なくされるとは予想していない。

「損害はないはずだ」とジョージ・ラッセルは言った。

「レッカー車に載せるとき、私はいつも少しためらいがちだ。砂利がたくさんつまっているので、すべての砂利を確実に取り除くために、車をばらばらにしなければならないだろうけど、大丈夫だと思う」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1ブラジルGP