ジョージ・ラッセル、PU交換でピットレーンスタート / F1シンガポールGP
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、F1パワーユニットを変更したことで、F1シンガポールGPの決勝をピットレーンからスタートする。

メルセデスF1は、ジョージ・ラッセルのW13のF1パワー ユニットのすべてのパーツを交換。エキゾーストを除いて、すべてのコンピ―ネントがシーズンの最大割り当てをさらに超えていた。

ジョージ・ラッセルは、予選で技術的な問題に遭遇した後、わずか0.006秒でQ3進出を逃して11番手で終えていた。

メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルが、スロットルを完全に離した後でも、エンジンがまだホイールにいくらかのパワーを供給していると報告したと語った。ラッセルは車が「僕をコーナーに押し込んでいた」と語った。

「グリップはいい感じだった。コーナーを回ることができなかった」とジョージ・ラッセルは説明した。

「アンダーステアが出続けていた。とても残念だ」

「データにいくつかの兆候が見られました。解決できることを願っている。もちろん、ここではクルマが強そうに見えたので、自分自身とチーム全体にとってがっかりしている。ルイスは本当に速かったけど、残念ながら、僕はそれを機能させることができなかった」

ジョージ・ラッセルのペナルティにより、ランス・ストロールがグリッドの 11 位に昇格し、後続のドライバーが1つ順位を上げる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1シンガポールGP