ジョージ・ラッセル 3位 「車が速くなくても僕たちは表彰台を獲得している」 / メルセデス F1イタリアGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、2022年F1イタリアGPの決勝で3位表彰台を獲得した。

ジョージ・ラッセルはポールシッターのシャルル・ルクレールと並んで2番グリッドからレースをスタートし、最終的なレースウィナーのマックス・フェルスタッペンに5周目に抜かれる2番手で走っていた。

3位でチェッカーを受けたジョージ・ラッセルは、今季7回目、過去5レースで4回目の表彰台を獲得。結果には満足しているが、W13のペースには失望したままであり、“奇妙な週末”と週末を振り返った。

「結果には満足しているけど、パフォーマンスには満足していない」とジョージ・ラッセルはレース後にコメント。

「奇妙な週末だった。FP1ではとても力強いスタートを切った。車のフィーリングは素晴らしく、ペースも強かった。でも、それは僕たちから離れていった。なぜそうなったのは分からない」

「だから、かなり長くて孤独なレースだったし、ぺーすも良くはなかった。最も楽しいレースではなかったのは確かだ」

「今シーズン最強のレースではなかったのは間違いないけど、一番大きかったのはフェラーリのベースだと思う。僕たちを驚かせた。マックスとレッドブル勢に競争力があるのは予想していたし、今週末はまさにそうだった。スパでの彼らだった。でも、フェラーリには驚かされた。僕たちは2位を争うことができなかった」

セバスチャン・ベッテルのリタイアにより、シャルル・ルクレールがバーチャルセーフティカーの下でミディアムタイヤ交換するためにピットインした後、ジョージ・ラッセルは22周目にハードタイヤ交換するためにピットインするまで2番手で走っていた。

ジョージ・ラッセルは、ハードタイヤに苦労したことが認めるが、競争するために違うことを試みたチームを称賛した。

「振り返ってみると、ソフトのスティントが最も競争力があった」とジョージ・ラッセルは語った。

「最初の20周を終えた序盤は、レッドブルとフェラーリになんとか手が届く距離にいた」

「僕たちはハードに交換して、何が違うことを試みたけど、とにかく競争力がなかったし、ドライブしていてあまり楽しくなかった。ある意味、ホームに車を持ち帰るだけだった。非常にエッジが利いていて、多くのミスを誘発していた」

「あまりタイヤを頼って車をプッシュできないときは楽しくない。でも、インラップの無線で言ったように、僕たちは車が速いも速くないときも表彰台を獲得している。そこはポジティブに捉えなければならない」

また、メルセデスF1のプレスリリースでは次のように語った。

「残念ながら、今週末はチームとして望んでいたような結果にはならなかったけど、無線で言ったように、速かろうと遅かろうと関係なく、僕たちは表彰台を獲得し続けている」とジョージ・ラッセルはコメント。

「このトリプルヘッダーでは、3つの週末のうち 2つが非常に困難だったけど、それでも2つの表彰台と1つの4位を獲得できたので、それに満足しなければならない」

「今日のレースを見ると、マックスやシャルルと戦うには何か違うことをしなければならなかったので、ストップでハードタイヤを選んだけど、彼らは速すぎた。それが僕たちの立場でできるすべてだ。これから僕たちにはリチャージして、チームとして気持ちを切り替えて、今シーズンの最後のパートに備えるための数週間がある」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 イタリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1イタリアGP