メルセデスF1のジョージ・ラッセル、ルクレールに同情「彼は素晴らしい仕事をしている」
ジョージ・ラッセルは、F1ハンガリーGPでのフェラーリの戦略によって困難なレースを耐えることになったシャルル・ルクレールに同情していると語った。

シャルル・ルクレールは、F1ハンガリーGPでレースに勝てるポジションにいたが、フェラーリが第3スティントにハードタイヤを履かせて失速した。結局、チームは後半にハードタイヤを捨ててソフトタイヤに交換することを選択してルクレールは6位でフィニッシュした。

マックス・フェルスタッペンが勝利を収め、2022年シーズンは残り9戦でシャルル・ルクレールを80ポイント上回ってランキング首位のリードを広げている。

Sky Sports F1の取材に対し、ジョージ・ラッセルは、最近のレースでのシャルル。ルクレールを気の毒に思っていると語った。

「マックスとレッドブルはクルージングしている」とジョージ・ラッセルは語った。

「現時点で、マックスとシャルルは同じレベルにいると思う。シャルルには本当に同情している。彼は素晴らしい仕事をしているし、多くの不運に見舞われてきた。マックスとレッドブルは、毎週、本当にに堅実だ」

「ここ数週間のレース週末を見てきたけど、彼らはただ車をホームに持ち帰って、困難な事態を収拾しているだけだ」

「でも、僕たちが進歩していることは間違いない」

メルセデスF1は、ハンガロリンクでも力強い走りを見せ、ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルがそれぞれ2位と3位でフィニッシュした。

ジョージ・ラッセルは、シーズン開始以来のメルセデスF1チームの進歩を歓迎しており、今月後半にベルギーで導入される技術指令がチームがフィールドの先頭に立つのに役立つことを期待している。

「チームとして、シーズンの開始時には勝者から1分遅れでフィニッシュしていたが、最近の数レースでは10秒だ」とジョージ・ラッセルは語った。

「その道を歩み続けることができれば、僕たちは間違いなく結果を出せるだろう」

「スパは興味深いレースになるだろう。レギュレーションの一部が変更され、他のチームが我々に近づいてくる可能性がある」

「僕たちはチームとして自分たち自身に多くの自信を持っていると思うし、僕たちは素晴らしい仕事をしていると信じている。そのミックスに参加できない理由はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / シャルル・ルクレール