ジョージ・ラッセル F1初ポールポジション「最大限の攻撃をする」 / メルセデス F1ハンガリーGP 予選
ジョージ・ラッセルは、F1ハンガリーGPの予選で衝撃のF1初ポールポジションを獲得。決勝で最大限を攻撃を誓った。

メルセデスW13は、2022年これまでどの段階でもトップカーではなかった。FP3のウェットコンディションではジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンの両方がグリップに苦戦しており、Q3に進出するという課題に十分に対応できていないように見えた。

しかし、予選に向けてトラックが乾いたとき、メルセデスF1チームはゲームに戻ってきた。それでも、ジョ-ジ・ラッセルがQ3の最後のラップでポールポジションを獲得するとは誰も予想していなかった。だが、ラッセルはそれはまさに達成した。

「嬉しくてたまらない。本当に興奮している」とジョージ・ラッセルはコメント。

「昨日はおそらくシーズンで最悪の金曜日だったし、昨夜はみんな一生懸命働いていた。どの方向に進むべきか、僕たちは本当に分からなかった」

「あの最後のラップは、ターン1はメガだったし、ターン2はメガだった。ラップタイムが出続けた」

「ラインを通過して僕たちがP1なのを見るのは信じられないような気分だった」

この結果はコンストラクターズチャンピオンシップを8連覇してきたメルセデスF1チームの復活を意味するのか? ジョージ・ラッセルは、この段階でそれは確信が持てないが、F1で初めてフィールドの先頭からスタートするレースで全力を尽くすつもりだと語る。

メルセデスF1はトップチームとして復活したかと質問されたジョージ・ラッセルは「正直なところ、わからない」とコメント。

「我々はそれを調べて、それが今日どこから来たのかを理解する必要がある。僕たちにはいくつかのアイデアがある」

「結局のところ、予選にポイントはつかない。レースペースは概ね良好だけど、金曜日のフェラーリは非常に速いように見えました。でも、最大限を攻撃をするつもりだ」

「でも、いずれにせよ、かなり特別な日だった。それは間違いない」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 ハンガリーグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1ハンガリーGP