ジョージ・ラッセル、ペレスとの接触に不満「僕のコーナーだった」 / F1フランスGP
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、F1フランスGP終盤のセルジオ・ペレス(レッドブル)へのオーバーテイクの動作を擁護した。

ジョージ・ラッセルは、セルジオ・ペレスを抜いて3位を獲得するためにターン8でオーバーテイクを仕掛けたが、両方のドライバーはわずかに接触。ペレスはエスケープロードに逃れてポジションを維持した。

ジョージ・ラッセルは、セルジオ・ペレスがコース外アドバンテージを得たと感じ、無線でポジションを渡されるべきだと抗議した。

スチュワードはインシデントを調査したが、何もアクションを起こさないことを選択しました。

「最後の15~20周からはかなり楽しかったし、手の届く範囲にとどまることができるように一生懸命プッシュした。そうすれば、チェコを追い抜くことができるのは分かっていた」とジョージ・ラッセルは語った。

「あのポジションを維持できなかったことにかなり失望した。僕のコーナーだった。僕はインサイドにいて、彼の後輪の前に僕の前輪が出ていた」

「規則の文面によれば、僕のコーナーであり、彼は僕を縁石に少寄せてきた。彼はワイドになり、自分のポジションを維持した」

「ルールはかなり明確だ。自分のフロントタイヤが相手のリアタイヤより前に出ていれば、そのコーナーの権利を得ることができる」

最終的に、ジョージ・ラッセルは、バーチャルセーフティカーのリスタートのタイミングをうまく利用してセルジオ・ペレスを抜き、2022年シーズンで4度目の表彰台を獲得した。

ラッセルは追い越しについて次のように述べています。

「ライトが緑色ときにスピードを上げて、ターン14のアウトサイドを回った。少し先手を打たなければならないときもある。自分でレースをしているとき、とにかく安全にプレーして、少しのマージンを残していると思う」

「本当に素晴らしい走りができたし、タイミングは完璧だった。たぶん、彼は少し速すぎたので、少しブレーキをかけなければならなかったと思う」

「彼がブレーキをかけ、僕が加速して、それが僕たちにあの終速度を与えた。かなりスウィートだったけど、その後のラップは簡単ではなかった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1フランスGP