ジョージ・ラッセル 「ストレートではポーパシングは出なくなった」 / メルセデス F1スペインGP 金曜フリー走行
ジョージ・ラッセル(メルセデスF1)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの金曜フリー走行を2番手タイムで終えた。

これまで過度なポーパシングに苦しんできたメルセデスF1だが、5戦を終えて満を持してアップデートを投入。ジョージ・ラッセルは、コーナーではまだ発生しているが、ストレートではポーパシングは発生しなかったと語る。

前戦マイアミで、メルセデスF1は金曜日にトップタイムだったものの、本格的にセットアップを煮詰めた土曜日に突如スピードを失った。だが、今週末は車の反応が間違いなく異なるとジョージ・ラッセルは自信を見せる。

「マイアミでは金曜日に最速だった。ここでは2番手だけど、車の反応は間違いなく異なる。ストレートでポーパシングは発生しなかった。それは素晴らしいことだけど、コーナーではまだポーパシングが発生しているので、最終的そこを合わせこんでいく必要がある」

「レッドブルはまだ非常に力強く見えるし、現時点で含めて考えなけれならないチームだ。週末を通して、少しではあるけど、前線に近づくことができない理由はない」

「パワーモードの違いによって、真のペースで僕たちがどこにいるのかを知ることは困難だし、フェラーリとレッドブルは最も低いパワーモードで走っているように見えた。全員にかなり多くのデグラデーションが出ているし、日曜日のレースを左右することになりそうなので、そこが今夜の焦点になる」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ 2022年 F1 スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1スペインGP