ジョージ・ラッセル 「レッドブルとフェラーリに対して一歩遅れている」 / メルセデスF1 F1バーレーンテスト 3日目
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、F1バーレーンテストの3日間はチームにとって生産的なものだったが、ライバルであるレッドブル・レーシング、そして、スクーデリア・フェラーリに対して“一歩遅れている”と認める。

ジョージ・ラッセルは、F1バーレーンテストの最終日を4番手タイムで終えたが、トップタイムを記録したレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンからは2秒以上遅かった。

午前中に78周を走り込んだルイス・ハミルトンは、最終日のタイムシートでは最後から2番手の17番手で終えている。

F1バーレーンテストで“ゼロポッド”と称される急進的なアップデートパッケージを持ち込んだメルセデスF1だが、ラップあたり1秒の価値があるとされるその実力は影を潜めた。

それでも、多くの人は、プレシーズンテストでライバルをだましてきたメルセデスF1に関して、ネガティブな結論に飛びつかないよう警戒している。

だが、実際のバーレーン・インターナショナル・サーキットでのメルセデスW13は、コース上で苦戦しているように見え、アンダーステアとポーポイズ現象の問題を解決していないように見えた。

それらの傾向に苦闘していたジョージ・ラッセルだが、F1バーレーンテストでのメルセデスF1のアプローチを楽観視していると語る。

「かなり生産的だったけど、同時に非常に興味をそそられた」とジョージ・ラッセルは語った。

「いくつかの問題はかなり明らかであり、多くのチームがバウンシングに直面していた。僕たちはそれを本当に理解しようとしているだけだ」

「僕たちはすべてを理解できたと思うし、信頼性の問題はそれほど多くなかった。プログラムを完了できたし、その観点ではポジティブだった」

メルセデスW13のポーポイズ現象は不快な乗り心地をもたらしたが、ジョージ・ラッセルは「パフォーマンスがあれば」不快感と付き合っていけると語っていた。だが、それは実現されなかった。

「ポーポイズ現象は、車をどれだけ強くプッシュしているかによると思う」とジョージ・ラッセルは語った。

「僕たちはパフォーマンスの最後のすべてをそれから引き出し、それらの制限をテストしようとしていた。でも、かなり跳ね回っていたね!」

「内部からは、正直なところ、それはまったく快適ではない。でも、パフォーマンスがそこにあるのであれば、僕は快適さをあまり気にしない」

「現時点では、パフォーマンスはない。僕たちはライバルに一歩遅れているように思う」

「どのようなコンディションでも、レッドブルとフェラーリは僕たちの一歩先を行っているように見えるので、今から来週の最初のレースまでに問題を理解するためにやるべきことがたくさんある」

メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、オンボード映像でのW13の岩のような乗り心地にもかかわらず、そこに進歩はあったと述べた。

「どちらのセッションも非常に有益だった」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「バウンシングに対して少し進歩したし、車がターンインで限界に達する数は減った。また、今日のセットアップで正しい方向に一歩進んだように感じている」

「バウンシングに対してさらにゲインを増やし、クルマをより落ち着かせることができれば、まだまだ多くのペースがある」

「我々はたくさんの良いデータを取得しているので、今後数日で問題についてもう少し理解を得ることができると思っている」

ジョージ・ラッセル メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1バーレーンテスト 3日目(最終日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス