ジョージ・ラッセル 「2年目にメルセデスF1に昇格する準備はできていた」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1でデビューした2年後にメルセデスF1にステップアップして最高のパフォーマンスを発揮する準備はできていたと考えている。

メルセデスF1の育成ドライバーとして、ジョージ・ラッセルは、2017年にGP3、2018年にF2でチャンピオンを獲得してジュニアカテゴリーを卒業し、2019年にウィリアムズF1でビューを果たした。

当時のウィリアムズF1はすでに低迷期に入っていたが、ジョージ・ラッセルは非力なF1マシンを最大限に発揮し、2019年にはロバート・クビサ、2020年にはニコラス・ラティフィとチームメイトを粉砕した。

ジョージ・ラッセルは、2020年の終わりにはメルセデスF1への移籍を完全に対応できていと考えている。

「いつも学んでいる」と23歳のジョージ・ラッセルはMotorsport-Magazin.comに語った。

「天性のスピードはどうにもできない。それ以上良くなることはない。あとはどうやってエンジニアからより多くを得るか、どうやってマシンをより良くセットアップするか、どうやってブラジルの寒い日にタイヤを管理するかといったことになってくる」

「(ウィリアムズでの)1年目以降、僕は準備ができていると感じていた。でも、僕は当時よりも優れたドライバーになった。」

後から考えると、ジョージ・ラッセルはウィリアムズF1との2年間の見習いがちょうど良かったと考えているが、チームとの3年間の契約は、常にメルセデスF1への早期の移籍を妨げることになった。

「2年が完璧だっただろう。今年、僕は上に移動する準備ができていたと思う」とジョージ・ラッセルは語った。

「僕たちは3年間契約した。僕たちにできることは何もなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ