ウィリアムズのジョージ・ラッセル、今季3回目の入賞「ある時点では信じられかったこと」 / F1イタリアGP 結果
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、F1イタリアGPの決勝で今季3回目の入賞となる9位フィニッシュを果たした。

「セーフティカーが出て、ピットレーンでいくつかのポジションを獲得したとき、僕たちは適切なタイミングで適切な場所でコース上にいた。その後の最後のスティントは、アロンソが僕の前に、オコンが僕の後ろにいて、本当に強かったけど、なんとかギャップを維持することができた」とジョージ・ラッセルはコメント。

「過去4レースのうち3レースでポイントを獲得しているけど、それはある時点ではかなり信じられないようなことだった。今日のすべてのインシデントを考えると、ちょっと幸運に恵まれなかったけど、僕たちは再び正しい位置にいて、それを結果に結びつけた」

「最終的に僕たちはアルピーヌ、アストンマーティン、そして、両方のアルファロメオを倒したので、この勢いを維持する必要がある」

「マクラーレンに本当におめでとうと言いたい。マクラーレンにおめでとうと言いたい。ダニエル(リカルド)とランド(ノリス)は本当にいい奴らだし、彼らにとって1-2はかなり凄いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1イタリアGP