ジョージ・ラッセル 「メルセデスW12は僕たちのマシン同様に風に敏感」
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1バーレーンGPでレッドブル・ホンダに対するメルセデスのペース不足は、W12が風の強いコンディションにいかに敏感であるかによるものだと考えている。

バーレーン・インターナショナル・サーキットでは、砂嵐が影響を与えたF1プレシーズンテスト初日ほどコンディションは悪くなかったものの、F1バーレーンGPの週末に最大50kphの突風が吹き荒れた。

ジョージ・ラッセルは、メルセデスとウィリアムズのF1マシンが同じ苦境に立たされており、それぞれのマシンが風の強いコンディションに敏感なのではないかと疑っている。

F1バーレーンGPのレース後、ジョージ・ラッセルは「もちろん、テストからこのレースまで10日ほどしか経っていない」と語った。

「完全な再設計が必要なくらい実質的なものだけど、僕たちはそれをしなかった。それが僕たちの現状であり、多くのチームが抱えている問題だ。時間が経てば分かることだけど、潜在的にメルセデスは同じ苦境に立たされていると思っている」

レッドブル・ホンダは、バーレーンで最強のマシンを持っているように見えたが、2020年にウィリアムズの主なライバルであったアルファロメオもバーレーンでウィリアムズよりも明らかに良い状況にあった。

「彼ら(メルセデス)は、近い将来のレースで苦戦するよりも、おそらく今週末はより苦労していたはずだ。そして、おそらくレッドブルやアルファロメオのようなマシンは、今後のレースよりも、他のフィールドと比較して競争力があった」

「バーレーンは、非常に風が強く、時速50kmの風で、非常に開放的で、露出が多くかった。時速300 kmで運転しているときは、時速5kmの風でも違いが生じるので、時速50kmだとどんな感じかは想像できると思う。60/70 /80km/hは突風のようなものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス