ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「バーレーンは路面が粗くトリッキーなサーキット」 / 2021年 開幕戦 F1バーレーンGP プレビュー
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルが、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPへの意気込みを語った

メルセデスF1の育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、昨年、バーレーンで行われたF1サヒールGPで新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンに代わってメルセデスF1から出場。トラブルで後退する初勝利は当確ともいえる走りをみせて注目を集めた。

メルセデスF1の両ドライバーは今シーズンで契約が満了することもあり、ジョージ・ラッセルは、今季のパフォーマンスと来季への繋がりに注目が集まっているドライバーのひとりだ。

「シーズンが開幕し、トラックに戻ることに興奮している。数週間前にテストをして以来バーレーンにいたので、太陽の下でたくさんのとレーニングができたし、この先のシーズンに向けた準備はできていると感じているし、モチベーションを感じている」

「バーレーンは、路面が粗く、難しいコーナーがいくつかあるトリッキーなサーキットだ。特にターン9とターン10をアタックできなければ、ドライバーにとって困難になるし、誰もが常にロックアップしている」

「でも、同様に、夜のレースは美しい。新しめのサーキットはあるけど、ここにはキャラクターと特別な雰囲気があるし、走るには素晴らしいトラックだ。いつものようにベストを尽くすし、レースに戻るのを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1バーレーンGP