ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンに合わせて1サイズ小さなシューズを着用 / F1サヒールGP
ジョージ・ラッセルは、メルセデスのF1マシンに合わせるために通常よりも1サイズ小さなF1レースシューズを履いていることを明らかにした。

ウィリアムズのF1ドライバーであるジョージ・ラッセルは、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスに感染したことを受け、今週末のF1サヒールGPに代役としてメルセデスF1から参戦する。

ジョージ・ラッセルは、水曜日にW11でシート合わせを実施したが、すぐにウィリアムズの自分のマシンよりもタイトであることが判明した。

身長188cmのジョージ・ラッセルは、ルイス・ハミルトン(174cm)よりも14cm背が高い。そのため、ジョージ・ラッセルは、今週末いつも履いている11サイズではなく、10サイズのレーシングシューズを履いていることを明らかにした。ルイス・ハミルトンは9サイズを履いている。

「間違いなく余裕がない状態だった」とジョージ・ラッセルは語った。「僕の11フィートのサイズでは苦労したので、理想よりも小さいサイズのシューズを履かなければならなかった」

「ちょっと履き心地は悪いね。でも、この機会を得られるなら、それくらいの苦痛は耐えられる」

ジョージ・ラッセルは、今週末の彼のレースエンジニアを務めるピーター・ボニントンが、マシンにフィットするように彼の体にいくつかの変更を加えるかもしれないと冗談を言っていたことを明らかにした。

「ボノと話をしたけど、彼は『我々は君の身体をいくつかの改造をできると思う!』と言っていたよ」とジョージ・ラッセルは語った。

「何言っているかわかんなかったけどね。でも、うん、すべてがいい感じだ」

グリッドで最速のマシンでレースをするチャンスを得たことで、ジョージ・ラッセルは好成績を収めることが期待されている。しかし、ジョージ・ラッセルは、特定の目標を設定せずに集中してベストを尽くしていくつもりだと主張する。

「バルテリは何年にもわたってルイスをかなりプッシュしてきた。簡単な仕事じゃないことは分かっている」とジョージ・ラッセルは語る。

「絶好調なときは、どんなドライバーもチームに融合されている。僕は、ウィリアムズで同じマシン、同じエンジニア、同じメカニックと2年間過ごしたばかりのレベルだけど、それが突然変化した。新しいに学ばなければならないことがたくさんある」

「期待や目標は設定していない。金曜日にビルドアップして、できる限り多くのことを学び、ベストを尽くすつもりだ」

メルセデスの育成ドライバーであり、F1で最も輝かしい若い才能の一人であるジョージ・ラッセルは、将来のどこかの時点でルイス・ハミルトンの最も可能性の高い後継者とみなされている。

しかし、ジョージ・ラッセルは、今週末のメルセデスF1との1回限りのドライブが彼の将来に影響を与えるとは考えていない。

「1回のレースでは、ドライバーの能力や12か月以上先の何かに対する意思決定が定義されることはない」とジョージ・ラッセルは語った。

「僕としてはそんなものは心の奥にさえない。走って、楽しんで、できるだけ多くのことを学ぶつもりだ。ウィリアムズに戻ったときに、チームも前進させて、バルテリやチームから学習したことを最大化するという仕事が僕にはある」

「将来的には、1レースや2レースだけでなく、シーズンを通して、そして過去に何が起こったのかが判断されるだろう。僕としてはプレッシャーはないと思う。2年間彼らのシミュレーターを運転していないしね」

「僕のシートはまだ3歳だ。学ぶべき情報がたくさんあるので、バルテリと対戦するのは簡単ではない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / メルセデス / F1バーレーンGP