F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズF1
ウィリアムズのジョージ・ラッセルが、2019年のF1世界選手権 第4戦 アゼルバイジャンGPへの意気込みとバクー市街地コースの印象を語った。

「バクーに行くのを本当に楽しみにしている。去年のF2ではおそらく最も強い週末を過ごせたし、僕たちは両方のレースで勝てるはずだった」とジョージ・ラッセルはコメント。

「レース1はリードしていたけど、セーフティカーの後のレースの最後に不運なインシデントに巻き込まれてしまったし、レース2では挽回して12番手から優勝した」

「素晴らしい思い出がある場所だし、バクーのストリートサーキットに戻るのを楽しみにしている」

関連:2019年 F1アゼルバイジャンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジョージ・ラッセル | ウィリアムズ | F1アゼルバイジャンGP