F1 ジョージ・ラッセル
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、メルセデスとウィリアムズのF1マシンの“唯一の違い”はダウンフォースだと語る。

今年、ウィリアムズでF1デビューを果たしたジョージ・ラッセルは、メルセデスの育成ドライバーであり、バーレーンテストではメルセデスの2019年F1マシン『W10』でテストを行っている。

今季のウィリアムズのF1マシン『FW42』は、開発の遅れに留まらず、パフォーマンス的に残りのチームに対して大きな遅れをとっているが、両方のマシンを乗り比べてジョージ・ラッセルは唯一の違いはダウンフォースだと語る。


「再びそのようなチャンスを得られたことは本当に有益だった。本当にたくさんのことを学ぶことができたからね。僕たちが達成したいゴールはわかっている」とジョージ・ラッセルは Sky Sports F1 にコメント。

「メルセデスには僕たちよりも多くのダウンフォースがあるのは確かだ。それは否定できない。それだけが違いではないけどね」

「彼らは僕たちにはないものをいくつか持っているし、僕たちは現在のダウンフォースレベルがあれば、もっと速いかもしれない」

「でも、それは僕にとって興味深いことだった。たくさんのことを学べたし、ウィリアムズを前進させるための助けになると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジョージ・ラッセル | ウィリアムズ | メルセデス