F1 ジョージ・ラッセル
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、F1の1000回目のグランプリに向けてファン・パブロ・モンタトーヤに敬意を表した特別なヘルメットを用意した。

今年のF1中国GPは、1950年5月13日に行われたイギリスGPから数えて1000回目の記念すべきレースとなる。すでに何人かのドライバーが特別デザインのヘルメットを着用することを明かしているが、ジョージ・ラッセルは個人的なメッセージをヘルメットに込めた。

ヘルメットは、半分が現在のジョージ・ラッセルのデザイン、そして、半分はファン・パブロ・モントーヤのコロンビアの配色のデザインが施されている。

「僕が最初にゴーカートを始めたとき、彼が以前にカートをしていたときのヘルメットをコピーした」とジョージ・ラッセルはコメント。

「モントーヤのヘルメットデザインからインスピレーションを受けたんだ。かなりクールだろうと思った。それに彼がウィリアムズにいたときのものでもある」

「僕がカートを始めたときに使っていたヘルメットデザインが、モントーヤがウィリアムズにいたときのモントーヤからインスパイアされたものだということを知ったのは約8年前だった」

「モントーヤはウィリアムズのレジェンドだし、彼は僕のお気に入りのF1ドライバーの一人だ。彼のキャラクター、レースへのアプローチなどすべてにおいてね。 彼はみんなが見ていた楽しんだドライバーだった。だから、今週末に半分に彼のデザインを採用するのは素敵なことだと思ったんだ」

「彼には去年、一度会っったことがある。彼が気に入ってくることを願っている」

ジョージ・ラッセル ヘルメット 2019年 F1中国GPジョージ・ラッセル ヘルメット 2019年 F1中国GP ②ジョージ・ラッセル ヘルメット 2019年 F1中国GP ③ジョージ・ラッセル ヘルメット (カート時代)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジョージ・ラッセル | ウィリアムズ | ヘルメット | F1中国GP