ジョージ・ラッセルの2021年03月のF1情報を一覧表示します。

ジョージ・ラッセル 「ハミルトンとは代役以来まったく話をしていない」

2021年3月26日
メルセデスF1昇格の噂のジョージ・ラッセル 「ハミルトンとは代役以来まったく話をしていない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンと、2022年にその後任を務める可能性のあるジョージ・ラッセルとの間で緊張が高まっている可能性がある。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、メルセデスF1と1年しか契約を結ばなかったことは、今シーズンの終わりに彼がシートを空けることを意味しているかもしれないという理論に反論した。

ジョージ・ラッセル 「バーレーンは路面が粗くトリッキーなサーキット」

2021年3月25日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「バーレーンは路面が粗くトリッキーなサーキット」 / 2021年 開幕戦 F1バーレーンGP プレビュー
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルが、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPへの意気込みを語った

メルセデスF1の育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、昨年、バーレーンで行われたF1サヒールGPで新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンに代わってメルセデスF1から出場。トラブルで後退する初勝利は当確ともいえる走りをみせて注目を集めた。

ジョージ・ラッセル、グロージャンに代わってGPDAのディレクターに就任

2021年3月24日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル、グロージャンに代わってGPDAのディレクターに就任
ウィリアムズのF1ドライバーであるジョージ・ラッセルは、ロマン・グロージャンに代わってGPDA(Grand Prix Drivers’ Association)のディレクターに就任した。

昨年のF1バーレーンGPでマシンが炎上する大クラッシュを喫し、今季はインディカーに転向するロマン・グロージャンは、安全基準を改善するための努力を支援するために2021年も引き続きアドバイザーとしてGPDAに関与する。

ジョージ・ラッセル 「最大の飛躍を遂げたチームはアルファロメオ」

2021年3月22日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「最大の飛躍を遂げたチームはアルファロメオ」
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1プレシーズンテストで最も飛躍を遂げたことが明らかになったチームはアルファロメオだと考えている。

昨年、アルファロメオF1は、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィはミッドフィールドで苦戦を強いられ、わずか8ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権8位に沈んだ。

ジョージ・ラッセル 「2022年のメルセデスF1昇格の確約は何もない」

2021年3月11日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「2022年のメルセデスF1昇格の確約は何もない」
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、メルセデスから2022年にワークスチームに昇格する可能性について何の確約も得ていないことを明らかにした。

メルセデスF1の育成ドライバーであるジョージ・ラッセル(23歳)は、ウィリアムズF1との3シーズン目を迎えようとしている。昨年12月、ラッセルはF1サヒールGPで新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてしてメルセデスF1でデビューを果たし、強烈な印象を残した。

ジョージ・ラッセル 「フェラーリのF1エンジンの改善はちょっと残念」

2021年3月8日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「フェラーリのF1エンジンの改善はちょっと残念」
ウィリアムズ・レーシングのジョージ・ラッセルは、2021年のF1世界選手権でハースとアルファロメオを常に倒すことを目指しているが、フェラーリがF1パワーユニットで果たした“大きな前進”がライバルチームの後押しになると警戒している。

昨年、ウィリアムズF1は、1ポイントも獲得できずにコンストラクターズ選手権を最下位で終えた。しかし、決してグリッドの最後尾が定位置だったわけではなく、後方集団のなかでフェラーリのカスタマーであるハースやアルファロメオと定期的にバトルを繰り広げた。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム