メルセデスF1昇格の噂のジョージ・ラッセル 「ハミルトンとは代役以来まったく話をしていない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンと、2022年にその後任を務める可能性のあるジョージ・ラッセルとの間で緊張が高まっている可能性がある。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、メルセデスF1と1年しか契約を結ばなかったことは、今シーズンの終わりに彼がシートを空けることを意味しているかもしれないという理論に反論した。

「1年契約は僕が望んだことだし、僕が疲れているという意味ではない。状況が厳しくなっても逃げることはありません」と36歳のルイス・ハミルトンは語った。

「僕はこのスポーツに全力で取り組んでいる。来年はエキサイティングな規制変更が行われる。今シーズンはこれまでで最もエキサイティングなシーズンになる可能性がある。新しいチーム、新しいフォーマットがあり、より拮抗している」とルイス・ハミルトンは付け加えた。

「今後8か月くらいでやめる準備ができているかどうかを確認してみるけど、辞めることになるとは思っていない。」

また、ルイス・ハミルトンは、彼の決定が今シーズン記録的な8回目のF1ワールドチャンピオンを獲得するかどうかとは「何の関係もない」と述べた。

今週、マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、メルセデスが2022年に長期的な将来を見据えて、マックス・フェルスタッペンとジョージ・ラッセルというまったく新しいドライバーラインナップを起用すると考えていると語った。

メルセデスF1移籍の噂について質問されたマックス・フェルスタッペンは「レッドブルは僕が非常に若い年齢でF1に入る機会を与えてくれたチームだ」と De Limburger にコメント。

「その信頼に報いたいと思っている。現時点では、レッドブル・レーシングに忠実であり続けない理由は見当たらない」

メルセデスF1への野心についてもっとオープンなのは23歳のジョージ・ラッセルです。ラッセルは昨シーズンの終わりに新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1からF1サヒールGPに出場して印象的なパフォーマンスを披露した。

だが、ジョージ・ラッセルは、代役を務めて以降、ルイス・ハミルトンとは話をしていないと語る。

「それ以来、僕たちはお互いにまったく話をしていない」とジョージ・ラッセルは Kronen Zeitung に語った。

「でも、僕たちの関係は良好だ。お互いに問題はない。正直なところ、レース後に彼が何と言っていたのかもわからない」

「もし、誰かが僕のウィリアムズの席でレースをしたとしたら、自分がどのように感じたか分からない」

ジョージ・ラッセルとメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフとの関係は明らかに良好だ。

ジョージ・ラッセルは「メルセデス、そして、トト・ヴォルフとの関係はこれまでになく強くなっている」と認める。

「彼らは僕の状況を知っている。彼らは僕が勝利とチャンピオンシップのために戦いたいと思っていることを知っている。彼らは僕がバーレーンで何ができるかを見た。だから、僕は自分自身に集中する必要がある。ストレスを感じる必要はない」

「以前は無理やりにでもやろうとしていたけど、今は違う。僕はメルセデスのドライバーを6年間務めている。彼らは僕の第二の家族であり、それが実現するのであれば、それは自然に起こるだろう」

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1のドライバーの状況に関する不確実性は“夏休みまで”に明らかになることを期待していると語る。

「この話は、メルセデス、ウィリアムズ、そして、ドライバーなど、関係するすべての関係者にとって満足のいく結果になると確信している」とジョージ・ラッセルは語った。

「僕は年々強くなっているし、勝利とタイトルを争うことができるレベルにあると思っている。でも、どうなるか見てみよう。F1は予測不可能なビジネスなので、当たり前のことは何もないと考えておいた方がいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / ルイス・ハミルトン / メルセデス