フォーミュラE メキシコシティE-Prix
フォーミュラE 第4戦 メキシコシティE-Prixの決勝が2月16日(土)に行われ、ルーカス・ディ・グラッシ(アウディ)がポールポジションを獲得した。

今週末にレースが開催されるメキシコシティのアウトドローモ・ヘルマノス・ロドリゲスは、今シーズンのレース開催地の中で最も高地となる海抜2,200mの場所に位置しており、気圧と酸素濃度の低さがパワートレインとバッテリーの冷却に対する新たなチャレンジとなる。

スタートではパスカル・ウェーレインが好発進を決めてトップをキープ。2番手にオリバー・オーランド、3番手にルーカス・ディ・グラッシ、4番手にセバスチャン・ブエミと日産の2台が順位を上げる。

3周目、ネルソン・ピケJr.(ジャガー)がマシンを大破させる大クラッシュ。ピケJr.に怪我はなかったが、レースは赤旗中断となる。約30分間の中断を挟み、レースは残り約40分+1周から再開された。

再開後は大きなインシデントはなく、接戦のレース展開。終盤にセバスチャン・ブエミがルーカス・ディ・グラッシを抜いて3番手に浮上。ローランド、ブエミと日産勢が2-3体制となるが、彼らのアタックモードのバトルの隙をついてルーカス・ディ・グラッシが2番手に浮上。

快適なリードを築いてきたパスカル・ウェレーインだったが、最後の最後にバッテリー残留に苦しみルーカス・ディ・グラッシの猛追を受ける。日産勢もバッテリー切れでズルズルと順位を下げ、最終的にファイナルラップでコース上でストップする。

そして、レースは劇的な結末。最終ラップの最終コーナーの立ち上がりでルーカス・ディ・グラッシがパスカル・ウェーレインを抜いてチェッカー。見事な逆転勝利を収めた。アウディは今シーズン初勝利。

2位でラインを通過したパスカル・ウェーレインは、ディ・グラッシのバトル中にシケインカットをカットしたとして5秒加算ペナルティを科せられて6位に降格。

2位表彰台にはアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(BMW)、3位に表彰台にはエルアルド・モルタラ(ベンチュリー)が続いた。

フェリペ・マッサ(ベンチュリ)は8位、ストフェル・バンドーン(HWA)は19位、フェリペ・ナッセ(ドラゴン)は19位でレースを終えた。

2018/19 フォーミュラE 第4戦 メキシコシティE-Prix 決勝 順位・結果
PosNoドライバーチーム 
111ルーカス・ディ・グラッシアウディスポーツ・アプト・シェフラー↑1
228アントニオ・ダ・コスタBMW i アンドレッティ・モータースポーツ↑3
348エルアルド・モルタラベンチュリ・フォーミュラEチーム↑6
464ジェローム・ンブロシオマヒンドラ・レーシング↑15
536アンドレ・ロッテラーDSテチーター↑7
694パスカル・ウェーレインマヒンドラ・レーシング↓5
720ミッチ・エバンスパナソニック・ジャガー・レーシング↑11
819フェリペ・マッサベンチュリ・フォーミュラEチーム↓5
92サム・バードエンビジョン・ヴァージン・レーシング↑11
1066ダニエル・アプトアウディスポーツ・アプト・シェフラー↑10
114ロビン・フラインスエンビジョン・ヴァージン・レーシング↑6
1216オリバー・ターベイNIOフォーミュラEチーム↓2
1325ジャン・エリック・ベルニュDSテチーター↓5
1427アレクサンダー・シムズBMW i アンドレッティ・モータースポーツ↓7
158トム・ディルマンNIOフォーミュラEチーム↓2
1617ゲイリー・パフェットHWAレースラボ
177ホセ・マリア・ロペスGEOXドラゴン↓2
185ストフェル・バンドーンHWAレースラボ↑2
196フェリペ・ナッセGEOXドラゴン↓5
2022オリバー・ローランド日産 e.dams↓16
2123セバスチャン・ブエミ日産 e.dams↓15
223ネルソン・ピケJr.パナソニック・ジャガー・レーシング↓11


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォーミュラE