フォーミュラE BMW
BMWは、フォーミュラEのシーズン5(2018-2019年)からワークスチームとして参戦することを発表した。

今シーズン、アンドレッティ・フォーミュラEチームをサポートするBMWは、独自のマニュファクチャラーチームとしてフォーミュラEに参戦することを正式に申請し、FIAによって受理された。

BMWグループは、電気自動車テクノロジーを推進しており、フォーミュラEへのワークスチームとしての参戦は同社の長期的なモータースポーツ戦略に基づいて決定された。

「初シーズンからフォーミュラEは急速に発展しており、現在、ハイレベルなレースシリーズとして考えられている。BMW iは当初から公式車両パトーナーとして活発に貢献し、シリーズにその名を刻んできた」とBMWは声明で述べた。

「現在、他のマニュファクチャラーは先例に従っている。関与する全員がフォーミュラEの競技面および技術面に関与するために対策を講じていくことを楽しんでいる。シーズン5にワークスチームとして参戦する計画は進行している。それにはマニュファクチャラーとしての申請が必要だった。それは最終期限までに完了された」

シーズン5からフォーミュラEではスパークス・レーシング・テクノロジーが設計した新型マシンがデビュー。マクラーレン・アプライド・テクノロジーが新しい標準バッテリーを供給し、レース中にマシンを交換するする必要はなくなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォーミュラE