フォース・インディア VJM03
Force India VJM03
フォース・インディアの2010年F1マシン「VJM03」。昨年はポールポジションを獲得するなど、中盤から力強いパフォーマンスをみせたフォース・インディア。VJM03は、昨年マシンのコンセプトを進化。大きくなる燃料タンクに対応するためにホイールベースは300mm延長されている。

フォース・インディア VJM03 主要諸元表

シャシーカーボンファイバーコンポットモノコック、ザイロン製耐貫通側面パネル
フロントサスペンションアルミニウムアップライトカーボンファイバーコンポジットウィッシュボーン、トラックロッド&プッシュロッド、インボードシャシーマウントトーションスプリング、ダンパー&アンチロールバーアセンブリー
リアサスペンションアルミニウムMMCアップライトカーボンファイバーコンポジットウィッシュボーン、トラックロッド&プッシュロッド、インボードギアボックスマウントトーションスプリング、ダンパー&アンチロールバーアセンブリー
ホイールベース3,500mm
トレッド前1,480mm
トレッド後1,420mm
全長4,900mm
全高950mm
重量620 kg (レギュレーションによる。ドライバー含む)
ホイールフォース・インディア仕様BBS
エンジンサプライヤーメルセデス・ベンツ ハイパフォーマンス エンジンズ V8 2.4リッター
トランスミッションマクラーレン・レーシング製 7速セミオートマチック ‘E-shift’
潤滑油モービル1
点火プラグNGK
クラッチAPレーシング
タイヤブリヂストン ポテンザ
ブレーキシステムAPレーシング
ブレーキマテリアルカーボン
ダンパーペンスキー

VJM03 フロント VJM03 サイド

関連:フォース・インディア、VJM03を発表 - 2010年2月9日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1マシン