ヴィタントニオ・リウッツィ フォース・インディア
フォース・インディアは、ヴェタントニオ・リウッツィがイタリアGPでカーナンバー21のマシンをドライブすることを発表した。

ジャンカルロ・フィジケラがフェラーリに移籍したことで空席になったフォース・インディアのシートには、リザーブドライバーのヴィタントオ・イウッツィが座ることになった。

ヴィタントニオ・リウッツィは、2008年からフォース・インディアのテスト兼リザーブドライバーを勤めている。

ビジェイ・マリヤ (フォース・インディア代表)
「トニオにレースシートに復帰するチャンスを与えられたことを嬉しく思う。彼がここ2年間うずうずしていたことを知っている。フォース・インディアは今、非常に競争力のあるポジションにあるし、我々はこの勢いを維持できるドライb−アが必要だ。今回はトニオにとって、チームとフィードルの両方で彼がスピード、うまくやれるプロ意識を持っていることを証明するチャンスだ。彼が今回のチャンスを生かせると確信している」

ヴィタントニオ・リウッツィ
「レースでクルマへ復帰するのが待ちきれない。しかも僕の母国GPであるモンツァだからね。フォース・インディアが非常にパフォーマンスの高い素晴らしいクルマを持っているこの時期にチャンスを与えれくれたビジェイに本当に感謝している。僕はモチベーションは高く、良い状態にあるし、ポイントを獲得することに飢えている。フェリペの事故の理由でこのチャンスが来たのは残念だけど、僕になにができるかをみんなに示すチャンスだし、本当に楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | ヴィタントニオ・リウッツィ