F1 エステバン・オコン フォース・インディア
フォース・インディアは、エステバン・オコンの2019年のルノー移籍を容認するつもりであることを認めている。

メルセデスと長期契約を結んでいるエステバン・オコンは、現在、フォース・インディアにローン移籍という形で所属している。契約では、2019年はメルセデスがワークスチームで起用する場合のみ呼び戻すことができるという条項があるとされている。

しかし、過去数週間でメルセデスがエステバン・オコンの成長を強化するために2019年にルノーに移籍させることを熱望していることが明らかになり、いくつかの情報源によると、すでにオプション契約が合意されているとも報じられている。

エステバン・オコンのルノー移籍を実現させるためには、メルセデスのモータースポーツ責任者であるトト・ヴォルフが、フォース・インディアとルノーとの間で仲介役を果たすことになる。

エステバン・オコンの状況について質問されたトト・ヴォルフは「我々にはわからない。コメントすることはできない。トリッキーな状況だ」と Autosport にコメント。

フォース・インディアは、エステバン・オコンをメルセデス以外のチームに放出する場合には、メルセデスと商業取引をする必要があることを明らかにしている。

「我々のドライバー契約の詳細は明らかにしたくはないが、我々は彼を放出しなければならなくなるだろうといっても過言ではない」とフォース・インディアのCOOを務めるオトマー・サフナウアーはコメント。

「状況が我々にとって最善なものになるのであれば、我々はそれを検討しなければならない。我々はエステバンを気に入っているし、彼は我々のために素晴らし仕事をしている。最終的には我々の判断となる」

「ルノーが多くの資金を支払うことを望むなら、我々はそれを検討するだろう」

ルノーの状況はさらに複雑なものとなっている。現在ドライバーを務めるカルロス・サインツはレッドブルとの契約に縛られている。レッドブル・レーシングは今後数週間でダニエル・リカルドの残留を発表するものとみられている。

ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、カルロス・サインツは来季の候補者のままだと認める。

「決定を保留にしている非常に知られていることのひとつが、リカルドの決断だ」とシリル・アビテブールはコメント。

「今週、メルセデスの発表(ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの残留)があったことで、いくつかのドミノ効果が生じてくると予想している。特にダニエルに関してはね。我々にとって何らかのことが明確になってくるだろう」

「我々の立場っは、我々のチームに加入することに関心を示した何名かのドライバーにとって明らかだ。我々は今後数週間で検討していくオプションがあるし、決定を下すことになるだろう。確信が得られれば、決定を遅らせる理由はないと思う」

「カルロスは、安定性、コミットメント、チームスピリット、ペースをもたらしているし、実際、レッドブルが彼のオプションを失った場合に彼がフリーエージェントになるのは事実だ」

「とはいえ、我々は時間をかけて全てのオプションを検討する必要がある。来年だけでなく、今後2~3年でルノーにとって何がベストであるかをね」

一方、オトマー・サフナウアーは、他チームへの移籍のあるセルジオ・ペレスとの契約を確保することは急いでいないと主張。2019年に何も決まっていないと述べた。

「我々は空中にボールを投げているわけではない。まだ時期尚早だ。実際にあらゆるオプションがオープンな状況だ」

「チェコに関しては、彼の後援者や支援者と来年何をしたいかを話し始めることがタイムフレームだ。それは通常、メキシコGPあたりで行われれる。チェコにとっては時期尚早だ」

噂では、ランス・ストロールの父であるローレンス・ストロールが、息子をより競争力のあるマシンに乗せるためにフォース・インディアを買収するとされている。

「我々はそれを可能にするためにはシートが必要だ。だが、私がシートを探しているのであれば、我々のパフォーマンスを考えて、フォース・インディアを検討するだろう」とオトマー・サフナウアーは付け加えた。

メディアの憶測では、ローレンス・ストロールによるフォース・インディア買収が実現した際にはランス・ストロールとロバート・クビサを起用。エステバン・オコンのルノー移籍が実現した際には、カルロス・サインツはマクラーレンに移籍することになるとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア