F1 フォース・インディア リッチエナジー
英国のエナジードリンク会社によるフォース・インディアの買収が今後数日で完了する見込みだと報じられている。

昨年からフォース・インディアは新たな商業パートナーを引きつけるためにチーム名から“インド”を外して“国際色豊か”な名称に変更することを検討していることを明らかにしており、今年に入って、イギリスのエネルギー飲料会社である『リッチエナジー(Rich Energy)』が、チームを2億ポンド(約300億円)以上で買収すると報じられた。

しかし、シーズン開幕までにリッチエナジーとの交渉は成立せず、大口スポンサーであるBWTとも名称変更についての調整がうまくいかなかったため、今シーズンもチームはフォース・インディアままで参戦を続けている。

だが、ここに来て、リッチエナジーとフォース・インディアの交渉はまだ継続しており、今後数日で成立する可能性が高いと報じられてる。

リッチエナジーの最高経営責任者であるウィリアムズ・ストーリーは、推測によって買収をオファーしたことを明かさざるを得ない状況になったと述べた。

「情報が不十分なメディアの憶測や、チームを不安定するような外部からの動きを考慮し、私は4月末にリッチエナジーがフォース・インディアを買収するための正式なオファーをしたことを確認することができる」とウィリアムズ・ストーリーはコメント。

新たな噂では、メルセデスがフォース・インディアのスポンサーであるBMTと協力してチームを買収するという報道もなされた。しかし、メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは「フォース・インディアは我々のカスタマーであり、良く知っている。だが、現時点で買収する計画はない」と否定している。

ウィリアムズ・ストーリーは「この提案は原則として受け入れられた。我々は購入の完了に近づいている。当社は購入金額を大幅に上回る資金を預け入れており、チームに8桁の追加金額を投資する予定だ」と続ける。

「我々には長期的なビジネスプランがある。飲料ブランドだけでなく、現在F1にはいない2つの多国籍企業スポンサーを含めた長期的な事業計画を立てている」

「我々はできる限り早くに契約を締結し、弁護士が承認することを目指している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア