F1 2011年 参戦チーム
2011年の最後のF1グリッドを賭けて、15チームがエントリーを申請した。

イタリアの 422race.com は、FIAがUSF1の撤退によって生じた参戦枠に参戦の意志を示した全チームに対して、書簡を送付した報じた。

申請や書類の最終的な提出期限は6月21日となっており、それまでに1万2,750ユーロ(約140万円)を支払う必要がある。

有力候補は、ジャン・トッドFIA会長の息子(ニコラス・トッド)が率いるGP2で成功しているART、ル・マンに参戦しているスペインのエプシロン・ユースカディとみられている。

また 422race.com は、ヒスパニア・レーシングやザウバーがさらなる経済的な問題に見舞われた場合に備え、FIAが複数チームを選出するかもしれないとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA