F1:ジャンカルロ・ミナルディ、FIAシングルシーター委員会の会長に選出
ミナルディF1チームの創設者であるジャンカルロ・ミナルディが、長年のフォースインディア副チームプリンシパルであるボブ・ファーンリーから引き継いで、FIAのシングルシーター委員会の会長に選出された。

ボブ・ファーンリーは、2020年の終わりに前任者ステファノ・ドメニカリがオーナーのリバティメディアからF1の最高経営責任者に任命されて以来、その職に就いていた。

FIAシングルシーター委員会の責任には、F1につながるジュニアレーシングラダーの監督、および複数のチャンピオンシップにわたるFIAのスーパーライセンスシステムの安全性と運用に関する事項が含まれる。

ジャンカルロ・ミナルディは、1960年代後半にヒルクライムとラリーの競技者としてキャリアをスタートし、その後、フォーミュラ・イタリアのチーム運営に移行した後、F2のオペレーションをF1に持ち込んだ。

1985年に最初に参加したミナルディF1チームは、F1の英雄的な弱者の縮図でした。合計38のチャンピオンシップポイントを獲得。そのうちの16ポイントは、チームの最初のドライバーであるピエルルイジ・マティーニが獲得した。

また、ピエルルイジ・マティーニは、1990年のF1アメリカGPでチームの唯一のフロントロースタートとなる2番グリッドを獲得し、また、1989年のF1ポルトガルGPでレースラップをリードした唯一のミナルディドライバーでもあった。

2001年にチームがオーストラリアのビジネスマンであるポール・ストッダートに売却される前にミナルディでのF1で早い段階でチャンスを与えられた他の若い新進気鋭のドライバーには、ジャンカルロ・フィジケラ、ヤルノ・トゥルーリ、フェルナンド・アロンソ、マーク・ウェバーが含まれる。

5年後、ミナルディは、エネルギードリンク界の大御所であるレッドブルのディートリヒ・マテシッツに買収され、トロロッソとして生まれ変わり、最近ではアルファタウリと改名された。チームは現在もイタリアのファエンツァにある元ミナルディのチームベースで運営されている。

ジャンカルロ・ミナルディ自身は、F1を離れ、2010年にファエンツァ市長に立候補したが、2004年以来、イタリアのモータースポーツのランドスピードレコード委員会の責任者としてモータースポーツに生涯にわたって関わっている。

2021年、ジャyンカルロ・ミナルディは、イモラ・サーキット(アウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ)の社長に就任した。このサーキットでは、来週末にF1エミリア・ロマーニャGPが開催される。

「ジャンカルロ・ミナルディがFIAシングルシーター委員会の委員長に選出されたことを心から歓迎している」とFIAのモハメド・ビン・スライエム会長は木曜日に世界モータースポーツ評議会のメンバーが電子投票プロセスを完了した後に語った。

「彼はモータースポーツの主要人物だ>彼と協力して、世界中のシングルシーターピラミッドをさらに発展させることを楽しみにしている」

ミナルディ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA