FIA、マックス・フェルスタッペンのF1セーフティカー批判に反論
FIA(国際自動車連盟)は、アストンマーティンのセーフティカーがF1マシンが適切に追従するのに十分な速さではないとしたマックス・フェルスタッペンの主張に反論する声明を発表した。

マックスフェル・スタッペンはF1オーストラリアGPでこのテーマについて声を上げ、アストンマーティンのセーフティカーが“亀のように遅い”と呼び、の2つの期間中にタイヤの温度を維持できなかったと不満を述べた。

タイヤに熱を入れなられなかった証拠として、マックス・フェルスタッペンは、リスタート前の最終コーナーでシャルル・ルクレールのアンダーステアを引用した。

「セーフティカーの走行速度が非常に遅いため、グリップがほとんどなかった」とマックス・フェルスタッペンと語った。

「亀のようだった。信じられない。あの車で、ダメージを負った車がもういないバックストレートを140km / hで走っていた。どうしてあんなにゆっくり走らなきゃいけないのか分からない」

「調査する必要がある。メルセデス(AMG GTブラックシリーズ)のセーフティカーは追加なエアロのために高速なのは確かだ」

「アストンマーティンは本当に遅い。僕たちのタイヤは石のように冷えていたし、間違いなくもっとグリップが必要だ」

「最後のコーナーに入ると、シャルルがアンダーステアを出しているのが見えたので、『OK、少し後退して、もっと良いラインを手に入れよう』と思った」

「でも、かなり酷かった。それが僕たちが現在セーフティカーの後ろを運転している方法だ」

しかし、その後、FIAは、セーフティカーの使用にについて、トラック上のすべての人の安全は、車全体のスピードよりも優先されなければならないと反論。いずれにしろ、車が移動するスピードを決定するのはレースコントロールだと擁護した。

「F1セーフティカーのペースに関する最近のコメントに関して、FIAは、F1セーフティカーの主な機能は、もちろん、主な機能は、もちろん、完全な速度ではなく、ドライバー、マーシャル、および役員の安全であることを繰り返し述べたいと思う」と声明で発表。

「セーフティカーの手順では、問題のインシデントに応じて、フィールドを“まとめる”要件、インシデントの復旧またはコース上の破片を安全な方法でうまく通り抜け、トラックの別の部分で進行している可能性がある復旧活動に応じてペースを調整するなど、複数の目的が考慮される」

「したがって、セーフティカーの速度は一般にレースコントロールによって決定され、セーフティカーの機能によって制限されることはない。セーフティカーは、世界のトップメーカー2社が製造した特注の高性能車両であり、常に変化するトラックコンディションに対処するために装備されており、経験豊富で有能なドライバーとコ・ドライバーによって運転されている」

「セーフティカーの速度が後続車のパフォーマンスに与える影響は二次的な考慮事項だ。常にそうであるように、車とサーキットの状態に応じて常に安全な方法で運転する責任があるすべての競合他社の間で影響は等しいからだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / マックス・フェルスタッペン