F1:ダブルイエロー時の自動ラップタイム削除システムの試験導入へ
F1は、次戦F1アメリカGPでダブルイエローフラッグが振られたときに自動的にラップタイムを削除するシステムを導入することを計画している。

ダブルイエローフラッグは、ドライバーにコース上の危険を警告するために振られる。つまり、ドライバーはダブルイエローが表示されているゾーンに到達したら、速度して停止する準備をしなければならない。

したがって、予選でドライバーがまだダブルイエロー区間を通過していない場合、実際にはフライングラップの終了を意味するはずだが、十分に減速したかどうかを判断するグレーゾーンに到達している。

すでに今シーズン、イエローフラッグとドライバーがそれを尊重するレベルについていくつかの論争があった。前戦F1トルコGPでは、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)がダブルイエローを通過したにも関わらず、競争力のあるラップタイムを設定したことでスチュワードに召喚されたが、ペナルティは科されなかった。

F1チームとFIA(国際自動車連盟)は、F1トルコGPの日曜日に話し合いを行い、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催される次戦F1アメリカGPで解決策として新しいシステムをデビューさせることで話がまとまったようだ。

この新しいシステムでは、プラクティスまたは予選中にダブルイエローを通過した後に設定されたラップタイムは自動的に削除される。

計画について質問されたF1レースディレクターのマイケル・マシは「オースティンで我々が何をしているのか見てみよう」と語った。

「我々はトラックリミット違反が発生したときにそれを実施している。どのエリアが最も効果的かを調査し、意図しない結果がないことを確認しなければならない」

「一見すると、それは良い解決策になる可能性があるように思える。しかし、あらゆる点を話し合う必要がある。いじれにしろ、今週は競技諮問委員会の会議]が予定されており、それはアジェンダのひとつとなる」

「おそらく、我々にできる言葉遣いを少し調整する必要がある。それはかなり前からあることであり、今日のいくつかの議論の後、誰にとってもそれをより明確にするために我々に改訂できることはいくつかあるはずだ」

トラックリミット違反のラップタイム削除システムがすでに導入されており、ダブルイエローに関する状況は、F1レギュレーションではなく、レースごとのイベントノートの指示にとって調整できるため、急な手順の変更も対応可能だとマイケル・マシは語る。

F1アメリカGPでこの新しいシステムがデビューする可能性についてマイケル・マシは「かなり可能性が高い」と語る。

「それは私のイベントノートにある。レギュレーションの変更すら必要ない。事実上、法的な用語はテストとなるだろう」

「したがって、国際スポーティングコード内の要件に準拠し、ダブルイエローに準拠する必要がある」

「しかし、事実上、それを行ったことを証明するために、テストは意味のあるラップタイムのシナリオだ。したがって、おそらくオースティンで何か新たなものを試して、どこに進むべきかを見ていくことになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA