「ハミルトンとフェルスタッペンのクラッシュはF1レースの一部」とFIA会長
FIA会長のジャン・トッドは、タイトルを争うルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの最近のクラッシュは“レーシング”だったと考えている。

また、ジャン・トッドは、全開のコプスでの51Gのクラッシュによるマックス・フェルスタッペンの短い入院の後、レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーに個人的にそのことを伝えたと明かした。

「クリスチャン・ホーナーに、彼のドライバーに起こったことは気の毒に持っているが、あれはレーシングだったと伝えた」とジャン・トッドは Sport Bild に語った。

「人々はたまにフェルスタッペンが最速コーナーでクラッシュしたことを忘れている。翌日、レースがあったら、フェルスタッペンがレースをドライブしていただろう」

しかし、伝説的なアイルトン・セナとアラン・プロストのライバル関係が過去に行ったように、ライバル関係の激しさが制御不能になるのではないかと心配する人もいる。

「2つのチームと2人のドライバーの間で競争であることをうれいく思うべきだ」とジャン・トッドは主張した。

「ファンとしては、4人のドライバー間で争われることを望んでいるが、それでも1チームだけを上位を走っているよりはマシだ。そのような野心と緊張があることはスポーツにとって良いことだ」

また、元フェラーリF1のチーム代表であるジャン・トッド(75歳)は、彼の親友であるミハエル・シューマッハの22歳の息子であるミック・シューマッハの今年のF1デビューについて尋ねられた。

「私にとって、彼はF1ドライバーというよりは男の子だ」とジャン・トッドは認める。

「彼はいい走りをしている。とても良い仕事をしていると思う」

「彼は恥ずかしがり屋で用心深いが、私をFIA会長として利用していると人々に思われたくないと思っている。だが、もちろん、我々はお互いを見ているし、特別な関係を築いている」

またジャン・トッドは、ミハエルとミックのF1へのそれぞれの旅の比較を軽視しました。

「ミハエルは自分で人生を築かなければならなかった」とジャン・トッドは語った。

「少年の頃、彼は偉大な父親と一緒にカートに参加していたが、父親にはお金がなかった。それでマイケルは自分のキャリアのために最善を尽くさなければならなかった」

「ミックとは違った。彼はより快適な環境で非常に良い教育を受けた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / レッドブル / ルイス・ハミルトン / メルセデス / マックス・フェルスタッペン