F1:モータースポーツ全体で年間20兆円の経済効果
FIA(国際自動車連盟)は、モータースポーツが経済および社会に与える影響に関する調査を委託し、年間の経済効果が1,600億ユーロ(約20兆円)であることを明らかにした。

EYパルテノンが実施したこの調査では、総生産高1,592億ユーロに加えて、モータースポーツは150万人の有給雇用を生み出し、さらに30万2,000人のボランティアを支援していることがわかった。


この調査は、参加者(地元クラブ、会場運営者、グローバルな商業的権利所有者、国内プロモーターとチームマネージャー、既存のデータソース)、公式のFIAデータ、世界および地域選手権、国際シリーズ、FIAグレード会場、および50を超える業界の利害関係者など、20,000を超える広範な一次市場調査から算出されている。

FIAのジャン・トッド会長は「このレポートは、モータースポーツ産業が年間総生産高1,600億ユーロ、有給雇用合計150万ユーロを占めることを明らかにしている。これは注目に値することであり、私たちのスポーツが新型コロナ時代の経済の回復に効率的に貢献していることを示している」と語った。

この調査の主な調査結果は次のとおり。

・1,592億ユーロの年間総生産高
モータースポーツ産業によって生産された商品とサービスの市場価値に加えて、経済全体の直接支出のフローオンまたは乗数効果。たとえば、イベントの参加者がレストランで費やしたお金は、追加の材料の投入、食べ物と飲み物、賃金、および所有者の利益の間に割り当てられる。レストランの従業員が費やした賃金(家庭用品など)は、経済のより広い部分にお金を循環させ、間接的な利益を生み出す。

・669億ユーロの総付加価値
モータースポーツ産業によって生産された商品とサービスの市場価値に加えて、経済全体の直接支出のフローオンまたは乗数効果。

150万人の有給の仕事
モータースポーツ業界によって直接サポートされている有給の仕事(フルタイム、パートタイム、カジュアル)の数

・30万2,000人のボランティア

・2700万人モータースポーツ参加者
競技者、「役員、マーシャル、ボランティア」

・60,700のイベント

・7,200の施設、トラック、および会場

・21,600のローカルモータースポーツクラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA